本文へ移動

徹底解説!ガリンコ号

ガリンコ号Ⅱの紹介


総トン数:150トン
全  長:35m
全  幅:7m
旅客定員:195名
速  力:11ノット
機  関:メルセデス・ベンツ製ディーゼル機関
     プロペラ1基(船尾)
     アルキメディアンスクリュー2基(船首)

1階客室

ガリンコ号Ⅱの1階にある客室です。船首方向に売店(2月中利用可)、後部にはトイレ(3)、自動販売機があります。

2階客室

2階には、海側を向いた椅子が並ぶ客室があります。
 

2階展望スペース

2階の展望スペースでは、オホーツクの風を感じながら、夏は釣り、冬は流氷観光が楽しめます。
 

船首側窓

船前方の窓では、アルキメディアンスクリューを観察できます。
流氷帯を航行している時は、迫力のシーンを見ることができます。

トイレ

1階船室の後部に水洗トイレ(洋式3)があります。

自動販売機

1階船室後部に清涼飲料水の自動販売機があります。

売店

1階船室に売店があります。
2月中のみ利用可

ガリンコ号の歴史

初代ガリンコ号 1987年2月1日~1996年3月10日


総トン数:39トン
全  長:24.9m
全  幅:7.6m
旅客定員:70名(就航当初は32名)
速  力:3~4ノット
機  関:アルキメディアンスクリュー4基(船首)

初代ガリンコ号(陸上展示)

第1回「ふね遺産」認定(日本船舶海洋工学会
 ~スクリュープロペラの原型となる螺旋スクリュー推進流氷海域遊覧船~
 

試作艇1号機


総トン数:1.6トン
定  員:2名
速  力:3.1ノット(水上)、4.8ノット(氷上)
機  関:空冷4サイクル2気筒ガソリンエンジン
TOPへ戻る